西诺网

“日本车辆制造”承认台湾脱轨车辆设计有疏漏,日本网民评

台湾東部の宜蘭県で先月起きた脱線事故で、事故を起こした「プユマ号」をつくった日本車両製造(名古屋市)は1日、車両の安全装置「自動列車防護装置」に設計ミスがあったと発表した。本来は哕炇郡爸盲蚯肖毪取ⅳ饯吻閳螭行を管理する指令員に自動で伝わるはずだったが設計ミスが原因で伝わらないようになっていたという。

台湾东部宜兰县上个月发生的脱轨事故,发生事故「普悠玛号」是由“日本车辆制造”公司制造。
列车的安全装置「自动防护系统」的设计出现疏漏。本来驾驶员关闭这个装置的时候。这个信息会被传送到行车控制中心,但由于该公司设计的疏漏导致该信息未能传达到行车控制中心。

日本网民评论:

うーん、残念。でも速やかに公表したのは評価されるべきだと思う。こういう検証の積み上げで安全性は進歩していく。

啊,真遗憾。但是这么快就发表了声明应该积极评价。这样的验证积累的话,安全性会更加进步。

配線の接続で、納入先の台湾鉄道からの仕様書とは異なる設計になっていた部分があった

契約違反。ここは致命的だね。

配线连接和订货方的台湾铁道部规格明细说明书部分差异,属违反契约,这是致命的。

設計や仕様いかんでは、このような事故は起きなかったはずだ!

と、言いたいのはわかるが、この事故の主たる原因を考えると人為的なものでしょう?

如果从设计和方法上来看。应该不会发生此类事故啊!

所以,想说的是,这种事故主要原因还是人为造成的吧。

(译者:andy8588)

转载请注明出处!:首页 > 网贴翻译 > 日本 » “日本车辆制造”承认台湾脱轨车辆设计有疏漏,日本网民评