西诺网

日本网民评论中国深圳,生产电动汽车,世界上第一个“安静的大都市”

(译者:willdemon)

【中国 深圳】電気自動車が生み出す、世界初の「静かな巨大都市」

(中国深圳)生产电动汽车,世界上第一个“安静的大都市”

ある都市のバスがすべて電気自動車に変わろうとしている。その中心となっているのは電気自動車メーカーのBYD(比亜迪)だ。

这个城市的公交车都已经变为电动车。在这一过程中电动汽车制造商比亚迪成为中心角色。

静かに近づいてくる未来の姿
ある日の午後、中国の深圳市南山区のビジネス街にあるバス停では、近くにある公園から小鳥のさえずりが聞こえてきた。通りは静かで、例外はときおり通るディーゼルトラックのエンジン音だけだった。
それは静かに近づいてくる未来、つまりは「電気バス」への抵抗のようだった。

即将到来的安静未来
一天下午,中国深圳市南山区的商业街某个巴士站台,附近公园里面小鸟的鸣叫声都可以听到。街上非常安静,只能听到偶尔路过的柴油卡车的声音。
这就是静静来临的未来,换句话说就是向电动巴士进发。

评论翻译

Huang Yonghong
gridscale president Gridescale 公司总裁
14時間前

こうやって毎日中国テクノロジー関連ニュースが出ているのは、私にとって少々奇妙なことです。
なぜなら、私は貧しく、遅れている中国に慣れていたからです。
二十年前に中国でコンピュータ専門で卒業したが、生かすところはなかった。
PCを製造する工場に一旦勤めたが、生産ラインは閑散だった。
仕方なく、先進国日本にやってきて、やっとコンピュータの価値を発見した。インターネットの黎明期ところでした。
そんな日本が今、毎日日本の課題を前に無策のまま、
中国のテクノロジーがすごいよと、こんなニュースを見るのは胸中では複雑な気持ちです。
私がキャリアに掛けた国が外れたのか?
どうしたら日本はもう一度栄光を取り戻せるのか?
わたしのみる目が間違ってないことを証明したいです!
Will the sun be rising again? Sure, It will.
逆張りは大好きのだ。皆さんはどっち?

每天都收到这些中国科技的新闻,对我来讲是非常奇妙的事。
为社么这么讲呢,是因为我习惯上一直认为中国是贫穷落后的。
我二十年前在中国计算机专业毕业,完全无以谋生。
一度曾在电脑组装厂工作,但是生产线非常冷清。
实在没办法,我来到了先进国日本,这才发现了计算机专业的价值。那时是互联网的黎明时期。
那样的日本,现今却是在各种课题前毫无对策、
中国的科技好厉害,看到这种新闻的时候,心情非常的复杂。
我奉献了事业的国家(日本)已经落伍了吗?
如何才能让日本找回从前的荣耀呢?
我想证明我的眼光没有错!(选择来日本)
太阳会照常升起吗?当然会。
翻盘是我最喜欢的了。大家认为哪方(会成功)?

岩崎 友和
飛月 代表 / "Half Hand Heart"project driver
“半手心”项目区动人
17時間前

"深圳の郊外にある充電施設では、 整備工はオイルで汚れた部品を触ることがないので、手がとてもきれいだった。"

“深圳郊外的充电桩设施,维修工人因为不用接触油污零件,所以手都是干净的。”

转载请注明出处!:首页 > 网贴翻译 > 日本 » 日本网民评论中国深圳,生产电动汽车,世界上第一个“安静的大都市”